スタイリッシュなデザインと機能性を高次元で融合することで、ワールドワイドで高い評価を得ているシューズブランドのECCO。これまでに1000足を超えるシューズを履いてきたフリージャーナリストの南井正弘氏が、そんなECCOのシューズを実際に履いてその魅力を紹介するstyle and comfort。第12回はECCOのラインアップで屈指の機動力を発揮するBIOM Cをピックアップしました。

このコラムの第三回でBIOM STREETのことを紹介しましたが、今回ピックアップしたのは、同じくBIOMコンセプトを現代に蘇らせたBIOM Cです。BIOMは、2009年に当時トップレベルにあったデンマークのトライアスロン選手とECCOが共同で開発したスポーツシューズコンセプトで、人間本来の素足に近い走り心地を提供することにより、数多くのアスリートを魅了することに成功しました。

現在はその活躍の場をストリートに移し、根強い人気をキープしています。デビュー当時ランニングカテゴリーでは、トップアスリートに向けたBIOM A、中級レベルランナーにマッチしたBIOM Bといったバリエーションも存在しましたが、このBIOM Cは、2010年スプリングシーズンにBIOMのランニング向けラインアップのなかでは最もゆっくりしたペースにマッチしたモデルとして追加リリースされ、スロージョグやウォーキングに最適な1足でした。

そんなBIOM Cが、一般的にはドレスシューズにしか使用されることのなかった繊維が密に詰まった上質なカーフレザーをアッパーに採用してリバイバルしました。そのスポーティな佇まいと高級感溢れるアッパーレザーの組み合わせのミスマッチは、アスレジャースタイルが市民権を得つつある日本のマーケットでも好意的に受け入れられそうです。

実際に足を入れてみると、高級革靴を初めておろしたときのような感覚。これまで着用してきたECCOシューズは足を優しく包み込むような履き心地だったのに対して、このBIOM Cは、若干の硬さを感じますが、それは決してネガティブな感覚ではありません。しっかりと足を守ってくれるような感覚です。

ライニング部分は、種類の異なる天然皮革を用いることで、フィット感の向上と滑り防止を追求。インソールの表面にも天然皮革を貼り、このスペックが高級感のある履き心地を提供してくれ、3時間ほど歩き回ったあと、このインソールを確認すると、足のかたちに窪んでいて、より足にフィットしてくれました。

ソールユニットはECCO独自のFLUIDFORM(ダイレクトインジェクション製法)で、一体成型によるポリウレタン/ラバーの二層構造。しばらく歩いてみると、BIOMシリーズ独自の円滑な体重移動、すなわち自然な着地感から蹴り出しまでのムーブメントを提供してくれました。そして、5度ほどBIOM Cを履いた時に、「あっ、自分の足の一部みたい!」と思う瞬間があり、それからはいつものECCOシューズ同様に快適な履き心地をキープしてくれるようになりました。さらにソールユニットのヒール部分を上方に大きく巻き上げることで、比類なき着地時の安定性を確保していることが理解できます。

今回ピックアップしたBIOM Cは前述のように、厚手で上質なカーフレザーをアッパーに使用していたために、足なじみに若干の時間を必要としましたが、一度足にフィットしてしまえばこっちのもの。使用している皮革自体が丈夫なので、このフィット感を長らくキープしてくれそうです。あとこのBIOM Cでは5回目くらいにシューズと足が一体化するような感覚を覚えましたが、これはイギリスやフランスの老舗ブランドのドレスシューズと比較したらかなり早いほう。自分の経験では足に靴がなじむまで、2年ほどの月日を必要とした1足もあったくらいですから(笑)。あと、このBIOM Cのアッパーレザーはシューポリッシュで磨いたりするのも面白いでしょうね。独特の艶や色味を楽しむことができると思いますよ。

 


南井正弘のstyle & comfort 過去の記事

Vol.11 ECCO ポルトガル工場

Vol.10 ECCO EXOSTRIKE GTX

Vol.9 ECCO ST.1

Vol.8 ECCO LEATHER

Vol.7 ECCO HQ

Vol.6 ECCO VITRUS

Vol.5 ECCO COOL 2.0

Vol.4 ECCO EXOSTRIKE DYNEEMA EDITION

Vol.3 ECCO BIOM STREET

Vol.2 ECCO CREPETRAY

Vol.1 ECCO SCINAPSE


 

南井 正弘 : フリージャーナリスト

1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。
「Running Style」「フイナム」「Number Do」「モノマガジン」「デジモノステーション」「SHOES MASTER」を始めとした雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆しており、ランニングギアマガジン&ランニング関連ポータルサイトの「Runners Pulse」の編集長も務める。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。ベストタイムはフルマラソンが3時間56分09秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。