ECCOの木型は、人間工学に基づいてつくられています。この木型のよさを最大限生かすのが、FLUIDFORM™=一体成型製法です。従来のダイレクトインジェクション製法をさらに進化させたこの技術は、平らなソールとアッパーを縫ったり糊付けするのではなく、ソールの素材となるポリウレタンを液体で直接流し込むため、木型の足裏の立体感や凹凸をそのまま再現できるのです。オーダーメイド・シューズのようなフィット感。しかも軽くて丈夫、クッション性にもすぐれている。ECCOの履き心地は、FLUIDFORM™のなせるわざです。


足にくまなくフィットする、最良のテクノロジーだから。

靴とは、足を支える第二の足。だから、本当は余った部分や窮屈な部分などあってはいけないのです。足の形どおりに足を受け止める、それこそが理想の靴。であれば、縫ったり貼り付けたりするのではなく、足が持つ立体感をそのまま靴底に反映させてみてはどうだろう?FLUIDFORM™(一体成型製法)は、こうした発想からスタートしました。

平らなソールも、縫いつけもありません。

「自分の足の凹凸に合わせたビスポーク(注文靴)みたい!」初めてECCOの靴に足を入れた人は、フィット感に驚きます。その秘密はFLUIDFORM™=一体成型製法。平らなソールにアッパーを糊付け、もしくは縫い合わせる一般的なシューズに比べ、ソールとなる素材を直接液体で流し込むから、木型の立体感をそのまま生かすことができます。だから、足裏へのフィット感がすごい。しかも軽量かつ丈夫、足への負担を極力軽減したつくり方といえます。

しっかりと体重を受け止める。

ソール素材は2種類のポリウレタン樹脂。シューズの用途や形に合わせ、配合や濃度を変えながらオリジナルの配合を行い、液体(fluid)の状態で木型と金型の間に流し込みます。 湿度の影響を受けにくく、摩耗しにくいのがポリウレタンの大きな特徴。しかも耐久性とクッション性にすぐれているため、歩いても走っても跳んでもしっかりと体重を受け止めて、足を包み込んでくれます。

人間の足の形状を、そのまま木型に。

木型(ラスト)には、解剖学的に足裏の立体感を研究して生まれたECCO独自のアナトミカルラストを採用。高レベルの快適さと現代的で多目的なスタイルの両方を実現するように設計しています。だから足に対してストレスフリーな履き心地が可能になったのです。

快適な履き心地を探求したら、FLUIDFORM™にたどり着きました。

FLUIDFORM™は、シューズのあたらしい次元も切り拓く。

解剖学的に開発された木型を忠実に再現できる。アッパーとソールを一体成型するため、雨の侵入もほぼ防げる。快適なシューズづくりには、FLUIDFORM™こそがベストな製法だとECCOは考えます。FLUIDFORM™から発展したテクノロジーも、続々登場。「最高の履き心地」のための挑戦は続きます。

PHORENE™

注入するポリウレタンを、より軽量で強靭にするべく開発されたミッドソール素材。従来のポリウレタンよりさらに軽くてクッション性にすぐれ、しかもマイナス40℃の環境でも柔軟性をキープします。

GORE-TEX SURROUND®プロダクトテクノロジー

60°全方位で防水・透湿性を発揮するGORE-TEX SURROUND®フットウェア。そもそも雨が入りにくいFLUIDFORM™を、さらに雨に強いギアに変えました。

TRAYTECH™

グリップ力は高いものの、重さのあるラバーソール。そこでラバーをトレー状にくりぬき、内側に軽いポリウレタンを充填しました。ラバーとポリウレタンの長所をひとつにした、ECCO独自のテクノロジーです。

靴は足に合わせるべきで、その逆ではない。

"Design Follows Function."


ECCO PHILOSOPHY

ECCO LEATHER

エコーレザー

自社製品だけでなく、世界の有名ブランドやメゾンにも採用されているECCO LEATHER。世界4カ国に4つのタナリー、2つのビームハウスとカッティングプラントを持ち、高品質な天然皮革を生産しています。「プレミアムレザー」は、今やECCOの代名詞になりつつあります。